血管年齢や中性脂肪値やLDLコレステロール値や内臓脂肪レベルや血圧が高めで、病院の医師から動脈硬化症を指摘されたことがあるという方は多いのではないでしょうか。動脈硬化症は血栓が出来て血管が硬くなって血液がドロドロになるという生活習慣病で、症状が加速すると脳卒中や心臓疾患のリスクを高めます。脳の血管が詰まったら脳梗塞を起こしますし、血流が滞り心筋が壊死すると心筋梗塞が起こります。心臓疾患や脳卒中は対処が遅れると死に至るリスクもありますし、言語障害や意識障害などの後遺症の問題もつきまといます。

塩分や脂肪分を摂り過ぎたり肥満で内臓脂肪が増えたり歯周病菌が血管内に入り込んだり運動不足だったりなど、動脈硬化を発症させる原因はいくつかありますが、喫煙もその一つです。喫煙は健康の大敵となりタバコは百害あって一利なしと言われていますので、血管年齢を若く保ち動脈硬化を防ぎたいなら今すぐに禁煙をすべきです。しかし、ヘビースモーカーにとって禁煙は高いハードルとなります。そんな禁煙の高いハードルを取り払ってくれるのが、離煙パイプです。

離煙パイプはタバコに含有されるニコチンとタールをカットする作用を持つフィルターで、いつも吸っているタバコに装着するだけで少しずつニコチン・タールの摂取量を減らしていけます。数パーセントずつ減らすことが可能で、吸いながら禁煙できるというのが離煙パイプの魅力ポイントです。ストレスフリーで楽に禁煙を成功させることが出来るはずです。