禁煙外来では依存症を治療するためにセミナーを開催しています。医師による講義や看護師からの資料の説明、卒煙した人の体験談などを聞くことにより禁煙の大切さが身に染みる内容になっているのです。その後グループディスカッションによって禁煙の難しさを話し合い、終了後に参加証としてミント味のパイプをもらえるのです。喫煙をしたくなった時にはミント味のパイプを吸って、参加したセミナーのことを思い出せば禁煙の成功率が上がります。

だから最近はセミナーが口コミで人気になり、予約待ちも出るほどなのです。禁煙外来では問診票の記入から始まり、医師の診察やレクチャーを説明してもらってから禁煙パッチを処方してもらえます。肌に貼り付けるための禁煙グッズであり、効果があると口コミでも人気のアイテムになっているのです。パッチを張り付けていれば禁断症状が出にくく、もしも吸いたくなってしまった時には同時に処方される禁煙ガムを噛んで心を落ち着かせます。

上記の治療方法は病院に力を貸してもらう方法ですが、自助の努力によって治療する方法もあるのです。口コミを調べて市販の禁煙グッズを購入すれば、喫煙をしたくなった時にも抑制の効果があります。例えばフレーバー付きの電子リキッドを使用すれば、水蒸気の煙の中に香りが付けてあるので喫煙の代替になるのです。また水蒸気の煙を吐くことで、視覚的な満足感を得ることも可能になります。

その他にパイプ型の禁煙グッズもあるので、気分転換に使用出来ます。