人々の間で交わされる口コミほど多くの方々を納得させ、実際に行動にまで駆り立てるものはありませんね。健康診断などの血液検査の結果や、要塞検査で画像診断をしてドクターから色々と生活習慣についての指摘を受け薬を処方されたとしても、どこか他人事でタバコを吸っているけれど自分と「ガン」は無関係だろう、無関係であって欲しいという願望から患者は自分に息苦しさや高脂血症という症状が出てきているにもかかわらず、その事実を理由を付けて自己正当化し、年に一度の検診を受けるだけで根本的に自分の身体状況を直視しようとは思わないようです。けれどもこれが友人とか親族の身に起こり、近所の方が入院したなんていう事を聞いたら、急に現実味を帯びて次は自分ではないかと不安になってしまうものです。うわさを聞くや否や急に禁煙グッズを購入したり、さり気ないお見舞いの振りをして禁煙グッズの種類や効果を口コミから得ようとします。

ドクターから言われても動かなかった喫煙者でも、いざ関係の近い人が苦しんでいたりするのを目撃すると急に嫌煙派に転向したりします。それまで他人事として真剣に受け止めなかった出来事も身近で発生すると恐怖心が湧き上がってくるようです。現代はドラッグストアやホームセンター、大きなスーパーマーケットなどでも禁煙グッズが購入できる状況にあるので、家族の前では強がっていても、こっそり口コミを頼りに購入しているケースも少なくないのです。